現代を切り裂く電子音のコア・自然音のコアと伝統

ローカルとグローバルの狭間から生み出されるこれからの人間の有り様を再構築


メールアドレス       6xn8kz@bma.biglobe.ne.jp



純邦楽と合気道

伝統楽器“尺八”による魂のコア

 伝統と現代の動きを追います。

伝統武道“合気道”による魂のコア

 http://maki111.xsrv.jp/index.htm/


邦楽出前授業 施設慰問

2017年

(平成29年)今年も、出かけます。

1月、2月に訪問した福祉施設名

 

・巻メディカルセンター (1月17日)

・いわむろの里     (1月23日)

・巻ほほえみ      (1月31日)

・西川こころはす西蒲  (2月 6日)

・岩室デイサービスセンター(2月19日) 

・弥彦学園       (2月21日)

・岩室ケアハウスだいろ (2月24日)

学校邦楽出前授業

 

田上小学校

和納小学校

岩室小学校



 ※ナビゲーションメニュー"純邦楽と武道(合気道)”から今までの情報をご覧ください。


ローカルだからこその 絆を探して編んで

田舎は生存のコア

 開発・効率優先への疑問・反省

 田舎の絆復活への道


“いこてば”応援日記

 民生・児童委員が運営の一翼にかかわりました。

「喋る、聞く、作る、飲む、食べる・・・場所」がオープン。

 社会的・地域的分断への挑戦です。地域における繋がりを再度編み直していく試みです。

 2017.1.16オープン。毎週月曜1時30分から3時30分、入場100円、クラフト100円(希望者)です。

 会場は、「岩室歴史民族資料館」です。来場者のまわりには、懐かしの民具等が展示してあります。

 来場者は、お互いを紹介し合ったり、同級会、同窓会の様相を呈したり、話に花が咲いていました。

 

 「ひっさしぶりらねー

   とーちゃんなくしてさー

     またこようーてばねー」



 ※ナビゲーションメニュー"田舎の再生への道”から、今までの情報をご覧ください。


現代音楽

PCで時空を超える音のコア

 作曲家「福島諭」を追って現代の抱える不安・希望に迫ります。

 福島諭のつぶやきhttp://www.mimiz.org

ノイズム:パッサカリアの楽曲解説はこちら

 http://noism.jp/match_passacaglia/pdf/fukushima.pdf


CDデビュー      GFGSレーベル第1号

http://www.gfgs.net/sideB/label/

「室内楽    2011-2015」

 

全曲ライブ版

定価:2,000円

 

=奏者=

オーボエ:山口裕加

クラリネット:

   鈴木生子、伊藤めぐみ、櫻田はるか

アルトサクソフォン:濱地潤一

尺八:福島麗秋

コンピュータ オペレート:福島諭(全曲)

 

=演奏会場=

2011.11.11  トッパンホール(東京)

2013.3.7     アサヒ・アートスクエア(東京)

2015.1.11   砂丘館(新潟)

2015.5.9     燕喜館(新潟)

20159.12    サラマンカホール(岐阜市)

 


ANTI MUSIC WINTER LIVE  in  NEXT21  NIIGATA

2017.2.21  19:00

     ~ 21:00

福島諭のライブ

 

混沌と希望が交錯する世界を編み出す音響の洪水

 演奏の一部をフェースブックでどうぞ

https://www.facebook.com/profile.php?id=100011334672530


G.F.G.Sレーベル発売記念コンサートin医学町ビル

2016.11.26

医学町ビルにて

G.F.G.Sレーベル

発売記念コンサート

 

「筒風」演奏  作曲:福島 諭

        尺八:福島麗秋


「カフェ フライング ティーポット」(練馬区江古田)に響く心象世界

  2016.8.5(金)

「思考の痕跡」Music After Tomorrow と題してのトークをする福島諭氏と安野太郎氏。

楽譜の持つ意味について激論。

演奏は、尺八のための楽曲「筒風」の初演でいした。



 ※ナビゲーションメニュー“「現代音楽」”から今までの情報をご覧ください。




コアの社会をお届けします。


    新潟発   麗秋